12

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

どーでもいいことを、みょーに心配することってありません?

 

心配性の人っていうのは、自分から進んで心配事を探すみたいね。
小さい頃の出来事が、意識下に植え込まれていることもあるんだそう。
不安なこと、心配な事は誰でもあること。
ある意味、人・自分を守ろうとする意識が働くらしいけれど。

 

心配することは悪いことではありません。
だから、心配することをなくす必要はないとは思いますヨ。
ただね、心配していることの9割は起こりません。
だから、心配しないほうが精神衛生上は◎です。

 

一人暮らしの子供が心配。
では何が心配なのかあげてみましょう。

 

ちゃんと食事をしているかが心配。
朝に時間通りに起きているかが心配。
勉強についていけているかが心配。
いじめられていないかが心配。
バイトをちゃんとこなしているかが心配。
卒業して、親もとへ帰ってくるかどうかが心配。

 

初めての一人暮らしならば、親も心配だけど子供だって不安だらけですよね。
親があれこれと心配をして口出しをすればするほど、子供は心を閉ざしていくものです。

 

子供の可能性を潰すのは親。

子供の可能性を伸ばすのも親。

 

ワタクシの体験談ですが・・・

 

子を持つ親になると、子供に意識が向けられて、何かと心配し、口うるさくなってしまうことってありますよね。
挙句の果てには「うっせー!!!」とか言われたり(;^_^A
まあ、反抗する子供も親になればわかるんだけどネ。

 

息子が大学へ行くため、一人暮らしを始めた時はやっぱり心配だったわね~
帰り際に、車のミラー越しに見た息子は、寂しそうにしていたっけ・・・
ぎゅ~っと抱きしめてきたけどね (* ̄m ̄)

 

でもね、子供って強い!

 

今までは、家の中でぐだーっとしている姿しか見たことがなかったのよ。
でも、なぜか耳にする評判は、うそ!まぢ?っていうような、あり得ないようないいことだったりするわけよ。

 

家にいる時の姿
家の外での姿

 

2つの顔を持ってるっていうのかな~
まあ、自分でもそうかな。

 

手放したわけだし、家から遠いし、何もできないし・・・って考えると、心配性になるのが親だわよね。
でもね、90%心配することを辞めたんですよ。
10%は、消息を知るために、たま~にメールをしたりしてたケド。

 

家にいる時は、朝が弱くて起きられない!
最初は電話で起こしていたけれど
そのうちに「電話しなくていいよ」
おおーー!成長したもんだ!
時々電話するの忘れたりしてたし、良かった良かった。

 

何回か遅刻はしたらしいけれど、それでもタブルことなく進級できたし。
自分の意志で選んだ大学ってこともあり、思うところはあったんだと思う。

 

1回でもダブッたら即退学!って言ってあったしネ。
なんて雑な親なんでしょー

 

フツーの親だったら、宅急便で何かしらの食料を送ったりするのかもしれないけれど、4年間それもなし。
はい、雑な親です (* ̄m ̄)
だって、近くにスーパーもコンビニもあるわけだし。
自分で何とかしろよーってことですわ。

 

とまあ、ほぼ放りっぱなしだった4年間。
どうってことなくこなし、はい、もうすぐ卒業ーー

 

心配したって、結局はその人の人生は、その人が作るしかないんだよね。
最低限の協力はするけれど、口出しはしない!心配もしない!
可愛い子には旅をさせろっていうけれど、旅をした分、成長するんだな~シミジミ。

 

ワククシの知り合いにもいるんですケド
大学を卒業したら、親元へ帰ってくることを約束した、という人。
その人の子供は、地元へ帰りたくない!と言ったそうですが、約束だから・・・
と親元へ帰ってきたようです。

 

うちの場合、一人っ子ということもあり、できれば親元へ帰ってきてほしい、という思いはあり
それは早い時期に息子には伝えてあったんですよ。
でも、一言付け足しました。

 

「どうしてもやりたいことがあって、それが地元でできないのなら、無理に帰ってこなくてもいいよ」

期待半分、諦め半分ですね。

 

子供の人生は、親が操ることはできません。
子供にやりたいことがあって、可能性があるのなら、それを叶えてあげたいし伸ばしてもあげたい。
一度きりの人生を、やりたいように楽しんでほしい。
例え失敗したとしても。

 

結局のところ、自分から戻ってきました。
親が手放したら、縁あって、自宅から通えるところに仕事が決まったんですよ。
不思議な巡り合わせというか引き寄せというか。
これも、人との縁ありきなんですけどネ。
そういうことってあるんですよね。

 

「親」という漢字は、木の上に立って見るって書きますよね。

ぴたっと密着して見るのではなく、ちょっと遠い所から見守る!これが親の姿なんでしょうね。

 

心配してやきもきしたところで、どうにもならないことは心配しない!
心配した9割は、何も起こりませんしネ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます m(__ __)m
この記事から一つでも拾うところがあれば幸いです。