失敗はターボスイッチ

 

仕事であれ転職であれ
何か新しいことを始めるにしても
失敗したくない!って思うのが一般的ですよね。
でも
「失敗」というネガティブな言葉は、もはや死語なんじゃないかとも思うんですよ。

 

53年間生きてきて
失敗がなかったと言えばウソになるし
人より失敗の数は多いんじゃないか、とさえ思います。

 

かの有名なエジソンですら、白熱電球の発明に1000回も失敗しているんだそう。
成功した部分しか取り上げられないから、1回で成功した!って思っちゃいますよね。
実はその裏では失敗だらけ・・・
この1000回の失敗だけを見たら、フツーは落ち込みます。

 

自分は何をやってもだめなんだ
って落ち込むかも知れないし
やってらんないよ~
やーめた!
ってなるかもしれない。
でも、エジソンは違います。

 

1000回のうまくいかない方法を考えた!

 

って捉えるんですよ。
エジソンには、「失敗」という概念がないのか
「失敗」という言葉さえ知らないのかもしれないなと。

 

努力の人とか、不屈の人って言われているのも納得ですよね。
このポジティブな考え方があったからこそなんですよね。

 

誰でも、1回で成功したい!って思うものだけれど
本当の意味での成功は、失敗しないと得られないんじゃないかと。

 

時には立ち止まって調整し
時には振り返って、崩れそうになっている土台をもう一度しっかりと固め
そうしてまた進む。
また振り返って、ひびが入ってきた土台をもう一度固めて踏みしめて。
何度も振り返って
壊れないように何度も土台を固めて。

 

時間をかけて、小さな失敗を補強しながら
ゆっくりじっくりを築き上げていったものは
何があっても、揺らぐことなく頑丈で
壊れにくくなっていきます。

 

何度も振り返って立ちどまる、これは部分的な失敗。
それに気付いて修正していく。
失敗は気付きでもあり、学びでもありエネルギーにもなるのです。
失敗をエネルギーに変えることが出来た時
エンジンにターボスイッチが入るのだと思うのです。

 

もしこれが、すんなりとてっぺんまで行けたとしたら
それもまた成功ではあるのだけれど
土台を固めず、弱点の補強をせずに得たものは
出来上がってから崩れてしまう可能性がゼロでない、ってこと。
エンジンはかかっていても、ターボスイッチはないかもしれませんね。

 

誰でも失敗はしたくないし
1回で成功したい、って思うけれど
ターボスイッチをONにするためのスパイスは失敗だと思うのです。

 

失敗⇒気づき・学び⇒ターボスイッチ

 

だから!
ワタクシはたくさん失敗しようと思うのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます m(__ __)m
この記事から一つでも拾うところがあれば幸いです。

 

メンタルサプリメント

 

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。フォロワー募集中です

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+