人生の分岐点

 

人生において、度々分岐点で立ち止まることってありますよね。
右へ行った方がいいのか、左へ行った方がいいのか迷ってたたずんでしまう。

 

そんな時

 

頭の中で考えている自分が腹ただしく
決められないことにいらつくことよりも、まずは選択してみる。
自分が選んだ道を進んでみました。
立ち止まっているだけでは答えはでてこないから。

 

立ち止まってしまうのは

 

間違いたくないから。
絶対成功する道を選びたいから。

 

みんなが掛け算の答えを求めている。
成功へのショートカットを求め
どうすれば楽をしながら成功できるかを考えている。
人が、新しい一歩を踏み出そうとする時
次へのステップに進もうとする時
そのスタートラインにおいては
誰もが等しくゼロなのだ。

つまり
掛け算の答えを求めているあなたは、ゼロなのである。
そして、ゼロにゼロを掛けたところでゼロのままだ。
物事の出発点は、掛け算ではなく
必ず足し算でなければならない。
まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。
小さく地道な一歩を踏み出す。
本当の成功とは、そこから始まるのだ。

引用元*ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく [ 堀江貴文 ]

 

間違ったとしても、失敗したと感じたとしても
スタートライン戻ればいい。
それに気付いた時点で、今までのことは
自分にとって財産になるんだから。
失敗しない方法を学んだのだから。
それは、自分にとりマイナスではなく
確実なイチ。

 

堀江貴文さんは「ゼロに戻るだけ」と言っているけれど
ワタクシは、ゼロに戻るのではなく、それも
確かなイチとなるのだと思っています。

 

堀江貴文ゼロ

 

ちょいと、ワタクシが経験した分岐点のお話を。

 

自分が本当にやりたいと、思ってることって何?
これがわかった時の話です。

 

ある時、創業者セミナーを受けてみたんです。
その時に、グループセッションがあって、ワタクシが話していた時に
一斉に視線を浴びてとても気持ちが良かった・・・ってことがあったんですよ。
人前で話すのが苦手で、声が震えちゃうような小心者のワタクシが
気持ちいいって感じたんですよ。
自分でもべっくら~

 

その後、思うところあって、コーチングの勉強をしようと思ったんです。
この時がワタクシの分岐点になります。

 

学ぶ前には、やはり迷います。
学べばこういう風になる、というイメージが浮かびます。
でも、本当に役に立つのかな?イメージ通りにいくのかな?
お金もかかるし時間もかかる。
自分にとって、それだけの価値があるのだろうか?

 

今思えば、マイナス思考の塊だったんですが。
でも、頭の中で考えているだけでは答えは出てきません。

 

とりあえず、体験的なことをして
コーチングのイロハを聞いて、あ、、できるかも?
って思ったんですけど、なんかしっくりこないんですよ。
何か違う気がする・・・

 

そうして気付いたのは

 

ワタクシは、話を聴くのが好きなのではなくて
自分が知ってること、学んできたことをみんなに話すのが好きなんだと。
まあ、自己顕示欲が強いのかも知れないですケド (* ̄m ̄)

 

コーチングっていうのは、クライアントの話を聴いてゴールへ導くのが仕事。
自分の話をしたいと思ってるワタクシには・・・ちがくね?ってことに気付いたんです。

 

コーチングの勉強をしようか、どうしようか・・・
という分岐点に差しかかった時、やる道とやらない道に分かれます。
この時、ワタクシが選んだのは、やる道。
でも実際にやってみたら、違う!ということに気付いたんです。

 

道が違うことに気付いたら戻るだけ。
人は、戻るのを苦手とする人が多いと思います。

 

でも

 

戻ったからマイナスになるのかっていうと、そうではなくて
答えを得ることができて、これはワタクシにとってプラスになっています。
体験を元に得た財産です。

 

何が言いたいのかって言うと
分岐点にさしかかったら、とりあえずやってみる!進んでみる!ということ。
今の自分にイチを足すのです。

 

例えそれが遠回りになったとしても、長い人生の中の、ほんの少しの時間。
そのほんの少しの時間が、人を魅力的にすることもあります。

 

人生の分岐点に差しかかったら、まずは道を選んでみる。
頭の中で考えているだけでは、実現化できないし
いつまでも、もんもんとすっきりしない心を引きずるだけですから。

 

人は、誰もがゼロからのスタート。
その結果、マイナスに思える結果になったとしても
それは、マイナスなのではなくて
自分にイチを足し算した、ということなのです。
人生にマイナスはないと思っています。

 

 

起業をされている方、これからしようと思っている人の道しるべになる本だと思いますヨ。

 

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく [ 堀江貴文 ]

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました m(__ __)m
この記事から一つでも拾うことがありましたら幸いです。

 

 

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+