1

 

でも~

だって~

気付いたら口にしている人っていると思うんです。

 

 

以前の職場では、ワタクシはお局様。

あ!優しいお局様でしたヨ。

 

 

新入社員に色々と教えること

があるんですが

教える度に最初に出てくる言葉は

「でも~」

はあぁ~?

1回も「はい」って言葉はなかったですね~

いま考えると、そら恐ろしい負けず嫌い(;^_^A

 

 

でも・・・って、反論の言葉だよね?

教えてるのに、でもって何よ!

ケンカ売ってんですかーー

 

 

あきれちゃって怒る気にもなれない。

ああ、この子はこういう子なんだ・・・と納得し、まあ、仕事は覚えてくれたから良しとしよう。

 

 

でも ⇒ 今から反論します・・・っていう枕詞

だって ⇒ 言い訳しますよ・・・という枕詞

 

 

でも、だって・・・を頻繁に使う人は、前向きな思考がしにくいんですよね。

 

 

でも~・・・

でもをしっちゅう使うと、気まずい雰囲気になってしまいますよね。

でもを頻繁に使う人は

自分に中に、正当化している部分が多く

それが絶対だから、だから私はこう思う・・・

 

 

って言うタイプの人と

のらりくらりと文句を言ってきて

でも、最終的には責任はとらないよ~的な

なんじゃそりゃあ?

 

 

だって・・・

自信が持てていない時に出やすい枕詞。

 

 

だって~○○ちゃんがそう言ったから

依存性が高く、何かあれば人のせいにする。

責任転嫁しやすい傾向が。

私は悪くないという気持ちが根底にあり

それは自分に自信が持ててないことが多いんですよね。

 

 

だって、だから・・・は

マイナスのエネルギーを持っていて

頻繁に使うとネガティブな印象を与えることにもなりかねません。

 

 

一緒にいると、ネガティブが移ってしまったり、意識下にすり込まれてしまうことも。

周りでハッピーなことが起こっていても、ハッピーな事さえマイナスにとらえてしまいがち。

 

 

物事がうまくいく人は、でも、だって、という言葉は使わないもの。

プラス思考だから、使う必要がないんですヨ。

 

 

もし、でも、だって、を口癖のように使う人がいたら

それとなく打ち消すような言葉をかけてあげるといいかもですネ。

 

 

自分で気付いているのなら、まずは、人の話を聞けるようになること

そして、少しずつでも変わるための意識・行動を取り入れることを目指してみるといいですネ。