和食

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

いつの頃からか、食事は高タンパク低脂肪がいい!って広まってますよね。
料理レシピサイトクックパットさんにも、高タンパク低脂肪のカテゴリがあり、人気のようです。

 

そこで、今日は、本当にいいの?ダイエットに役に立つの?
3大栄養素を完璧に無視して、健康になれるのか、ダイエットに役立つのかを調べてみました。

 

3大栄養素って聞いたことがあると思うんですケド、炭水化物・たんぱく質・脂質のこと。

 

この3つのバランスはどれぐらいがいいのかって言うと

icon-check01-red炭水化物 55%
icon-check01-redたんぱく質 20%
icon-check01-red脂質 25%

参考文献により、若干の違いはありますが、上記のようなバランスがいいようです。

 

3大栄養素のバランスが整った時、健康が保たれるようになっているのが体!
脂質が25%!多すぎやしませんかーーー

 

脂肪=アブラ=不要なもの

 

どうしてもこういったイメージが払拭されないゆえ、脂肪は削りたい・・・本音。
でもね、アブラにもいいアブラとよろしくないアブラがあるんですよ。

 

イイアブラがとれるのは魚のアブラ。
よろしくないアブラは肉のアブラ。

 

なんとな~っくわかりますよね。

 

和食

 

 

そうしたら、一体どんな食事をするのがいいわけ?って疑問がでてくるわよね。
はい、それは、世界遺産にも登録された「和食」

 

和食の4つの特徴をあげて見ます。

 

①多様で新鮮な食材と、その持ち味の尊重

②健康的な食生活を支えるバランス
一汁一菜を基本とする日本の食事スタイルは、理想的なバランスがとれている。また、うまみを上手に使うことで、動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っている

③自然の美しさや季節の移ろいの表現

④正月など、年中行事との密接なかかわり

農林水産省ホームページより引用

 

ごはん・みそ汁・魚・納豆・豆腐・煮つけ・野菜などの組み合わせがGOODってことなんです。

 

おそらくですが・・・
高タンパク質がいいといいのは、タンパク質は、摂りすぎても排出されてしまうからじゃないかと思うんです。
排出されるので、太ることはないですもんね。

 

そして、アブラは敵とみなす!

 

高タンパク低脂肪の食事は、良し!として広まっているゆえ、きっといいことなんだよね~やってみよっ♫
その前に、和食にトライしてみたほうが健康的だし、今まで動物性のアブラをたくさんとってきた人には、ダイエットにもなるんじゃないかと思いますヨ。
さすが、世界遺産に登録されるだけのことはありますね。

 

危険なダイエット!高タンパク低脂肪 でした。