チェルラーブリリオ@口コミ 高濃度!フラーレン・EGF美容液
チェルラーブリリオ

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

40代になった頃から気になってくるのが、肌ハリのなさ。
頬を押してもぶにゅ~
柔らかすぎて戻りにくいし、遠目に見れば頬がコケても見える。
頬がコケた分、口元やアゴのあたりに溜まってくるわけで (;^_^A
そんな時って、肌艶も失われてくすんでいたりもするんだよね~

 

そんな時の味方的成分と言ったら、やっぱり成長因子!
保湿をするだけでは間に合わないお肌は、細胞を活性化させる!
40代になったら必要だよな~って、使ってみてしみじみ感じる。

 

 

成長因子美容液

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

成長因子成分で有名なのがEGF。
表皮細胞の新陳代謝を活性化したり、細胞増殖にいいって言われるエイジングケア成分なんだけどね。
ターンオーバーにも関わるゆえ、肌くすみにもいいんだよね~

 

つまり、細胞が育つからパワーアップして肌ハリGET。
透明感までGET。

 

そんな頼もしいEGFや、ビタミンCの172倍の抗酸化力があるというフラーレン・卵殻膜エキス・ビタミンC誘導体などを、ぎゅ~っと濃縮した美容液が、アルマードチェルラーブリリオ。
乾燥してしわっぽかった目元がみるみる変化っ。
わくわくしてくる使用感と、肌そのものがしっかりしてきゅっ。
感触がいいお肌にチェンジ~(o^-‘)b グッ!

 

●⇒アルマードチェルラーブリリオ

 

チェルラーブリリオの口コミ

チェルラーブリリオ

 

ノバラ油とイランイラン花油の香りはほわんと漂って、柔らかく鼻孔をくすぐる。
心地よく使える美容液。

 

使うのは、洗顔後。
EGFとはFGFとかが高濃度配合の美容液は、洗顔後に導入的に使うのが多いんだよね。
素肌の状態の時、肌上で邪魔するものがない時に、一番最初に入れ込むことで、浸透しやすく、肌奥まで届きやすいからなんだよね。
こういった導入系には化粧水タイプもあるけれど、しわやハリが気になる40代以降は、成分が高濃度凝縮された美容液系がおすすめ。

 

テクスチャーはややゆるやか。
しつこい重たさがないゆえすーっと入ってしっとりと満たされていくの。
導入的に使う美容液の中には、成長因子に特化していて、潤いを感じないのもあるけれど、チェルラーブリリオの場合は、潤いも◎。
っていうのも、アミノ酸やコラーゲン・ヒアルロン酸などを含む、卵殻膜エキスが配合だからなんだと思う。

 

じっくりと持続的に。お肌の落ち込みを引き上げてくれる♫
重力に逆らうように、ぴたっと引き上げる感触(o^-‘)b グッ!
柔らかかった頬に、少しずつ固さが戻ってくるのは、ゆるみが変わってきた証拠だもんね。

 

WAO!って思ったのは、EGF濃度!
一般的な濃度の5倍も入ってるっ。
活性力で見たら6倍以上。

 

すげー濃さ!
今まで知らなかったけど、EGFにも薄いものから濃いものまであるんだね~
消費者って、その辺はわからないもんね。

 

チェルラーブリリオ

 

フフラーレンといったら、ノーベル賞受賞ってことで話題の成分だわよね。
お肌に置いても体に置いても、老化の根源といわれるのが活性酸素。
抗酸化って言ったら、ビタミンCとかビタミンEが有名で、実際の効果も高いわけだけど、その172倍の抗酸化力ってどうよ?
すごくね?
邪魔ものを根こそぎ追い払っちゃうほど強力なチカラを秘めてるんだもの~
エイジングケアの神様的成分だわよね。

 

<チェルラーブリリオのエイジングケア成分>

 

icon-check01-red高濃度卵殻膜エキス
東大と研究開発。18種のアミノ酸・プロテオグリカン・ヒアルロン酸・コラーゲン・シアル酸

icon-check01-redEGF・・・表皮細胞活性因子・エイジングケア
icon-check01-redフラーレン・・抗酸化力が高い
icon-check01-redビタミンC誘導体・・・透明感
icon-check01-redプロテオグリカン・・・保湿・保水
icon-check01-red米胚芽セラミド・・・潤い・毛穴
icon-check01-redプルラン・・・くすみケア
icon-check01-redパルミトイルトリペプチド・・・ハリ・艶

 

保湿の基本を抑えるのが艶肌のポイントではあるけれど、エイジングケアを考えると、保湿だけでは物足りない。
そんな物足りなさを感じないのは、攻めのケアが可能なエイジング成分が濃縮されているからなんだよね。

 

40代以降の美容液は、成長因子!
これだけは押さえたいポイントだと思う。

 

●⇒アルマードチェルラーブリリオ