お金

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

お金って怖いですよね。
貸したお金が返ってこないことで、人を殺めることもあって、ニュースになることも度々。

 

ワタクシがいつも息子に言ってることがあるんですケド、それは
お金の貸し借りは絶対やめなさい!ということ。
例え1000円であっても2000円であってもです。
どうしても貸すのならば、そのお金はあげるつもりで貸しなさい!

 

借りた人は、たかが1000円!たかが2000円!
忘れてしまうこともあるでしょうし、慌てて返す必要もないか~とか、自分のお金のように思ってしまう。
その人の人間性が見えてくる部分ですよね。

 

でも、貸した人は、例え100円でも500円でも、覚えているもんです。
でも、金額が小さいから、返してくれとも言いにくい。
もや~っとしたものが広がり、目には見えない溝のようなものができてしまう。

 

ネットで検索してみても
貸したお金が返ってこない 警察・・・とか
貸したお金が返ってこない場合・・・とか
そういう人って多いんだな~って。

 

ワタウシの場合、ローンを組んだりするのが苦手で、いつも現金一括主義。
いいな~欲しいな~って思ったところで、手が出ないってことはもちろんあります。

 

でも、見方を変えれば、今のワタクシには合わないわよ・・・って教えてくれているわけで
それを無理して手にしたところで、自分は、その商品にふさわしくないゆえ、そこには違和感が生まれてしまう。
見た目にも不釣り合いさがでてしまって、チグハグに。

 

あ、もちろんですが、住宅に一括購入はさすがにできないので、ローンを組んでますが (;^_^A

 

こういう考え方もあります。
金額が大きい場合、ローンが通らないからお金を貸してほしい、、、と言ってくるのかも知れないということ。
もちろん全ての人ではありませんが。

 

 

お金

 

 

しばらく前のこと。こんなことがありました。

 

A経営者さんから、ワタクシの所に電話があり
共通の知人B経営者さんが、資金繰りに困っているとのこと。

 

ふ~ん・・・って聞いていたんですケド、話を聞けば、Aさんは7ケタのお金を貸すんだそう。
ええ?
驚いたんですが、どうもワタクシにも出資して欲しいような・・・直接は言わないんですけどね。
遠まわしには、そう聞こえたんです。

 

お金の貸し借りを嫌ってるワタクシに言われても・・・
他に相談できる人がいないし・・・みたいなことも言ってきて、、、
その間、ワタクシの頭に中はめまぐるしく回転ぐーるぐる。

 

わかった!50万だすよ。

 

Aさんが7ケタで貸すのに、ワタクシは50万。笑っちゃうでしょう?
それには理由があって、、、

 

50万円を貸すのではなく、あげるつもりだったから。
今の自分に出資できる金額を考え、戻ってこなくても生活に支障がない金額が50万円だったんです。
その日のうちに振り込みました。

 

以来、そのお金のことはすっかり忘れていました。だって、あげたお金だったから。

 

何か月かして、Aさんから電話があり、毎月の返済状況等をこと細かく教えてくれました。
今月が○円で先月が○円で・・・って感じです。
その後も時々電話があって、返済状況を教えてくれたりしていました。

 

そんなある日のAさんからの電話は
ある程度振り込まれたから、ワタクシに先に返済する・・・という内容のこと。
でも、ワタクシにとってはあげたお金だし、Aさんの方が金額が大きいんだから、あとでいいから、と受け取りませんでした。
その後も何回か電話があり、どうしても先に返したいらしかったので、そこまで言うのなら・・・と、ありがたく返済していただきました。

 

結局のところ、貸したお金はあげたお金と割り切り、お金に執着しなかったのがよかったのかな・・・と。
貸したのさえ忘れてましたから。

 

不思議なもので、お金って、執着すると逃げていくんですよね。
気もちよく手放せば、気持ちよく返ってくる、見えない法則があるような気がします。

 

たまたまでしょ~
いい人だったからだよ。
っていう人もいるかもしれませんし、確かにそうかも知れません。
でも、いい人に巡り合えることは、偶然のようであって必然ってこともあったりします。

 

今回のことで学んだのは

お金=溜めるもの

って思ってしまうし、実際ある程度の蓄えがなければ生活に不安はあります。
でも、お金って、溜めるものではなくて、自分の前をいかに多く通りすぎるか、、、ってことが大事なんじゃないか、とういこと。
自分の前を通りすぎていくお金は、手元になければ通り過ぎることもできないですもんね。

 

とはいえ、お金の貸し借りに対する考え方は、今でも同じ。
貸し借りはしたくないという気持ちは変わりませんが。
でも、もしまた同じようなことがあったら、同じことをするかもです。

 

貸したお金はあげたもの。
割り切れない人もいるかもしれませんが、割り切ってしまえば、いざこざはなくなりますヨ。
それが難しいのなら、貸し借りは辞めるのが無難かと思います。

 

貸したお金が気持ちよく返ってくる これって法則? でした。