秋バテ解消法

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

あぢいよ~っと、毎日汗ダクになっていた暑い夏。
夏の終わり~秋にかけて、気だるくずっしりとしたものが襲ってきませんか?

 

秋バテ!

 

冷房で冷え過ぎて巡りがよろしくないってこともあるでしょうし、暑い戸外と涼しい室内を出たり入ったりして、自律神経のバランスを崩してしてしまうこともある。
やっと涼しくなってきたな~良かった~って思っていたけど、どうも体調がいまいちよろしくない。
そう感じるのは、夏の疲れを引きずっているからなのです。

 

秋は空気は乾燥し始める季節。とはいえ、からっとして気持ちがいいな~って言う日もあれば、あらら・・・じめ~っとしてるんですけど?って言う日もあったりして、こういうのも体に影響しちゃうんですよね。

 

季節の変わり目は、自律神経のバランスが乱れやすい時期。
気だるくずっしりと感じるのは、体の危険信号。
免疫力が低下しているよ~やばいよ~養生しなよ~・・・つーか、、、早く何となしなよっ!と訴えているわけです。

 

秋に体調を回復しておかないと、一番免疫力を必要とする冬にも影響が!

 

漢方では「血」「水」「気」このバランスが大切で、バランスを崩すと体調も崩れるといいます。

 

血は血液のこと。
夏にこまめに水分補給をしていなかった人は、血液がどろどろになって流れが悪くなっているのかも?
食欲がない・・・偏食をしていた人は、栄養が足りなくって、血液がうまく運べていないのかも?

 

水は、リンパ液や体液のこと。
冷え過ぎや運動不足をしていた人は、水分の巡りが悪くなってむくみやすくなっているのかも?

 

気は、自律神経のこと。
夏の暑さはストレスになり、やる気がでないとか、眠いとか・・・そういったストレスダメージに。

 

夏の終わり~秋にかけての気だるさ・不調は、血液やリンパ液などの巡りをよくし、リフレッシュすることで解消することが多いものです。

 

栄養失調を回復する

ファイトケミカルを食べる

 

 

食欲がわかずに、そうめんなど、のど越しの良いものや冷たいものばかり食べていた人は
胃腸を壊しやすいし、栄養失調疲労の状態。
食べてはいても、バランスが偏り栄養が足りていなと、エネルギーは生み出されにくく、疲労を感じやすくなります。
また、体の中の活性酸素が、処理しきれないほど増殖している可能性も否めません。
健康の3原則は、食べて、寝て、巡らせること。
まずは、体が必要としている栄養分を摂り、増えすぎてしまった活性酸素を減らすのが先決。

 

ファイトケミカル・たんぱく質・β-カロテン・ビタミンCやEを多めにとるのがおすすめ。

 

<ファイトケミカル>

●アントシアニン・・赤ワイン・ぶどう・ブルーベリー・赤しそ・黒豆など
●イソフラボン・・ 大豆
●フラ本・・ パセリ・セロリなど
●カテキン/フラバノール・・ 緑茶・ウーロン茶・りんごなど
●フラボノール・・ りんご・玉ねぎ
●フラバン・・ みかんのスジと房
●βカロテン・・ にんじん・かぼちゃ・ほうれん草・小松菜など
●リコピン・・ トマト・スイカ・柿など
●βクリプトキサンチン・・ みかん
●カプサイシン・・とうがらし・赤ピーマンなど
●アスタキサンチン・・ 鮭・イクラ・エビ・カニの殻など
●ルテイン・・とうもろこし・ほうれん草・ブロッコリーなど
●βグルカン・・ きのこ
●フコイダン・・ 海藻
●ペクチン・・ りんご
●その他
コーヒー・ごぼう・しそ・レモンバーム・ごま・キャベツ・わさび・にんにく・ねぎ・いか・たこ・アスパラガス・柑橘類・しょうが

 

にんじんやかぼちゃ・ほうれん草・トマトなどを食べれば、ビタミンCやβカロテン・リコピンがとれます。
鮭などの魚や肉を食べれば、たんぱく質がとれるし
大豆製品を食べれば、たんぱく質もイソフラボンもとれます。
工夫して食べてみてくださいね。

 

それでも思うようではない時は、サプリメントで補給するのがおすすめ。
プラセンタは、栄養素が豊富なうえ疲労回復にも効果的ですヨ。

 

●⇒おすすめのプラセンタはこちら

●⇒おすすめのプラセンタドリンクはこちら

 

 

栄養素を巡らせる

 

栄養分を摂ったら、その栄養が体の隅々まで届くように血行を良くしなければ意味がありません。

 

それには、軽めに体を動かすこと。
その場足踏み・ラジオ体操・ウォーキング・早足ウォーキングなど、心地いい~楽しい~と感じるものがおすすめ。
苦痛を伴うハードな運動は、ストレスになるので避けるのが◎。

 

飛んだり跳ねたりを繰り返すと、足の裏を通る血液に影響が出て
スポーツ貧血を起こすこともあります。
無理のない範囲で毎日継続すると、血液もリンパ液も流れやすくなりますヨ。

 

また、冷えやすい人は、巡り力が低下している状態ですので
運動をしていない時でも、下半身を冷やさないようにしましょう。
首・手首・足首など、首とつく部分を冷やさないように。

 

 

自律神経バランスを整える

 

そして、気。
「気」ってとても大事なんですよ。

 

「気」=自律神経。

 

自律神経のバランスを整えると、それは、血液の流れの淀み解決にもなっていくし、免疫力アップにもつながります。

 

病は気から!よくいいますよね~
辞書で引いてみると、病気は自分の気持ちの持ち方によって、良くも悪くもなる・・・とありました。

 

人って大きなストレスを感じると、まぢで食事が喉を通らなくなるんですよね。
口が開かない・・・っていうのかな~食べることが拷問のように思えてくるわけで (;^_^A
ワタクシも経験したことがあるんですケド、あの時は本当に驚いちゃって、、、このままどうなっちゃうんだろう、、、とか。

 

でも、反対に、「気」で病気を治すこともできちゃうんです。

 

20代の頃の話なんですけど、ふと思い出したことがあって、、、

 

急に高熱を出したことがあって、39度くらいだったかな~
寝込んで2日目の話。まだ熱はあったんですけど、出かけようって誘われたんですよ。
どう考えてもふざけてますよね ( ̄ヘ ̄)
だって、目の前で熱出して寝込んでるワタクシに、出かけようなんて、、、よく言えたもんだわ。
しょうがねぇ~わかったわよ・・・って、出かけるワタクシもワタクシで、アホです (*´Д`)

 

ところが!

 

治っちゃいました (笑)
熱も下がっちゃいました。

 

今思うとすごく不思議だな~って思う反面、病は気から!ってまぢの話なんだな~って。
要は、出かける時の気持ちなんですよね。
私は病気なんだから・・・だるいよ~出かけたくないよ~
きっとそんな気持ちでいたら、熱はまた上がったのかもしれませんけどネ。
気持ちが前向きだったのがきっとよかったんでしょうね。

 

病気は、自分の気持ちの持ち方によって、良くもなるし悪くもなる・・・大阪大学の研究グループにより証明されました。

 

大阪大学の研究グループは交感神経が分泌する神経伝達物質ノルアドレナリンがリンパ球に働きかける仕組みを分子レベルで解明し、ストレスや気分といった精神的な作用が実際に免疫反応に影響することを実験で証明したと発表、米国科学誌「The Journal of Experimental Medicine(JEM)のオンライン速報版で公開された。

出典*ヘルスプレス

 

 

病は気から!
病気は、本来持っている体・心のエネルギー「気」が乱れることが原因。
でも、人には、その乱れたエネルギーを元に戻すチカラ、免疫力があるってことですね。

 

秋バテ、秋の気だるさ解消のポイントは、まずはこの3つから。
栄養を摂って、その栄養を巡らせ、自律神経を整える!
できることから始めてみてくださいね。

 

プラセンタサプリメントは、血液循環力を高めたり、自律神経バランスを整える薬理作用もあるので
試してみるといいと思いますヨ。

 

●⇒おすすめのプラセンタはこちら

●⇒おすすめのプラセンタドリンクはこちら

 

気だるい秋バテの原因と解消法 でした。