11

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

1年を通して欠かせないのが日焼け止めクリーム。

 

今の日焼け止めクリームは、ノンケミカルタイプが主流で、お肌表面で紫外線をはじくタイプがほとんど。
でも、中には紫外線吸収剤が混じってるのもありますよね。
紫外線吸収剤って、どんなもの?
どうしてお肌によくないの?

 

何年か前、コスメカウンターで日焼け止めをすすめられたとき、お姉さんに聞いたことがあるんです。
「これ、紫外線散乱剤使ってますか?」
その言葉に、お姉さんは「・・・・・」

 

返答が出来なかったんです。
え?
って思ったけど、自分で成分チェックして「ああ、わかりました」

 

今思えば嫌な客(笑)
まだ、ノンケミカルタイプがで始まったばかりのころの話なんですけどね。

 

ワタクシも、紫外線散乱剤を使ったノンケミカル日焼け止めクリームがで始まった頃は、そればっかり使っていたんですヨ。
何でもそうですけど、新商品の出始めって・・・リコールしたい!っていうテクスチャーでございまして・・ (;^_^A

 

いや~な被膜感にさらさら感。おまけにクサイ・・・
今でこそテクスチャーも潤いも改良されてきましたけどネ。

 

改めて考えたんです。
紫外線散乱剤を使った日焼け止めクリームは超人気♫
でも、紫外線吸収剤を使った日焼け止めクリームがなくならないのはなぜ?

 

ふとした疑問が浮かび、調べてみました。

 

紫外線吸収剤の成分と安全性

 

以前の日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤を使っているものしかありませんでした。

 

文字通り、紫外線をお肌に吸収し、熱などのエネルギーに変え、化学変化で日焼けしないようにするというもの。
お肌に塗っても白くなることがほとんどなく、塗ったときの感触はいいですけど、化学変化がお肌に刺激を与えることがわかってきたんですね。

 

毒性・発がん性などが議論されているそうです。

 

ただ、研究もテクノロジーも進み、敏感肌でも使えるようになってきました。
実際販売されているものも見かけますよね。

 

今は、薬事法もあるので規定に反するような粗悪なものはないかと思います。

 

紫外線吸収剤成分チェック

 

下記のような成分が、紫外線吸収剤成分です。

 

icon-check01-redt-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
icon-check01-redジエチルアミノヒドロキシゾイル安息香酸ヘキシル
icon-check01-redエチルヘキシルトリアゾン
icon-check01-redメトキシケイヒ酸エチルヘキシル
icon-check01-redサリチル酸フェニル
icon-check01-redパルソールA
icon-check01-redメギゾリルSX
icon-check01-redオキシベンゾン
icon-check01-redグアイアズレン
icon-check01-redパラアミノ安息香酸
icon-check01-red桂皮酸・・・など

 

紫外線吸収剤の長所と短所

icon-check01-red長所
・白浮きしにくく、滑らかさがある
・SPF値を大きくできる

 

icon-check01-red短所
・化学変化を起こすので、肌負担があると言われている

 

一般的に、紫外線吸収剤はとされていますが、必ずしもそうとは言えません。

最近では、紫外線吸収剤をカプセルに閉じ込め、直接肌に触れないようにする技術も開発されています。

 

 

紫外線散乱剤の成分と安全性

 

紫外線吸収剤が化学変化をするのに対し、紫外線散乱剤は、お肌の上で反射し、物理的に日焼けを起こさないようにするというもの。
一般的に、金属を酸化させた細かい粉や粘度質の粉などが使われます。

 

散乱剤成分チェック

 

下記のような成分が、紫外線散乱剤です。

 

icon-check01-red酸化鉄
icon-check01-red酸化亜鉛
icon-check01-red酸化チタン
icon-check01-redカオリン(粘度)
icon-check01-redタルク(滑石)・・・など

 

紫外線散乱剤の長所と短所

 

icon-check01-red長所
・化学変化を起こさないので、お肌に優しい。

 

icon-check01-red短所
・白浮きしやすい
・SPF値が高いほど粉っぽさがある
・効果持続時間が短い

 

紫外線散乱剤は元々が粉なので、たくさん塗ると粉っぽい感じになってしまうことも。
これは、SPF値が高くなればなるほど影響が出やすくなります。

 

SPF値が高い = 紫外線散乱剤の量が多い

こういうことからなんですね。
また、粉が皮脂を吸着するので、お肌が乾燥しやすくもなります。
全体的に粉っぽく、乾燥してしまう、、、このような症状がでやすいため、各メーカーでは美容液を配合したり、白浮きしにくい処方を工夫しているようです。

 

肌馴染みをよくするため、酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線散乱剤をナノ化しているものもあります。
ナノ化した粒子が、体内に入る恐れもあり、これに関しては、溶けない金属が体内に溜まってしまうのではないか・・・とも言われているんですよ。
真実かどうか、エビデンスまでは定かになっていないようですが、こういうことがあるかも?ということは、頭に入れておいた方がよさそうです。

 

お肌に優しいと言われている紫外線散乱剤ですが、最近では、紫外線を浴びると活性酸素を発生するという研究報告もあるようです。

 

 

icon-check01-redお肌のことを考えれば、紫外線散乱剤を使った日焼け止めクリームのほうが安全性が高いけれど、デメリットもある。紫外線散乱剤をナノ化したものは避け、できれば、紫外線散乱剤をコーティングしてあるものがよい。

icon-check01-red紫外線吸収剤には問題点はあるけれど、薬事法に基づいて作られているものだから販売されている。塗ったときの感触はこちらのほうがいい。

 

というようになるかと思います。
噂をうのみにするのではなく、頭ごなしに嫌うのではなく、納得して自分に合った日焼け止めクリームを使うようにしたいですね。

 

 

フェリーチェトコワコ日焼け止め
●フェリーチェトワコ FTCUVパーフェクトクリームプレミアム50

SPF50 PA++++
白く残ることもないし化粧下地にも使えます。
保湿力もあって、時間がたってもしわっぽいお肌にならないのがいい感じ♪
365日毎日使ってもお肌が疲れない!エアリーで快適なテクスチャー。

●⇒FTC UVパーフェクトクリーム プレミアム50

 

 

アルマード日焼け止め
●アルマード オーディUVミルク

SPF50 PA++++
卵殻膜配合の潤うUVミルク。
ウォータープルーフ。
さらりとしたテクスチャーながら、乾いてる感じがしない。
化粧下地に使っても、馴染みが良く潤いキープ。石けんで落とせます。

●⇒アルマードオーディUVミルク

 

●⇒紫外線UVA・UVBとSPF値についてはこちら