睡眠

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

夏の夜、暑くて眠れねぇ~
熟睡できないと翌朝の目覚めも悪くて、朝に気だるさが残りますよね。
布団に横になっているだけで汗をかいてくる・・・あぢい・・・
特に、寝室が2階にあると、熱気がこもってむんむん。

 

ワタクシの寝室も2階にあるんですケド、入った瞬間・・・もわ~・・・地獄ですわ。
暑くて眠れない時の対処法、ワタクシがやっている方法をいくつかご紹介します。

 

ぬるめのお風呂に入る

 

これはワタクシも毎日やってるんですケド、ぬるめのお風呂に入って体温を下げます。
冬は、39度とか40度とかのお風呂に入りますが、夏場も同じ温度では汗ダクに。
すっきりするためのバスタイムが、サウナかよっ!ってな過酷タイムになってしまいますもんね。

 

目安の風呂温度は、35度~37度。
体温よりやや低めのお風呂に入るのがおすすめ。
シャワーだけより、ぬるめの湯船につかったほうが涼しくなりますヨ。
ただ、これは湯温が低すぎても不快感があり
冷え性の場合、足先が冷えてくる場合もあるので、いきなり湯温を下げるのではなく、少しずつさげて、適温を見つけてくださいね。

●⇒夏の入浴法詳しくはコチラ

 

首元を冷やす

 

首には冷点があるので、首のまわりを冷やすと涼しく感じます。
反対に、冬は首元を温めるとほっこりします。

 

寝る時に、小さな保冷剤をタオルで包み、首に当てておくのも◎。
ドラッグストア等では、首に巻くヒンヤリタオルのようなものも売ってるので、そういったものを使うのもいいかも。

 

また、脇の下を冷やすのもおすすめです。
熱中症になった時などは、首や脇の下を冷やしますよね。
これは、脇の下は太い血管が通っているからです。
体を冷ましやすいってわけです。
とは言っても、ワタクシのように寝相が悪くってごろんごろんしてしまうと、すぐずれてしまうので、寝る前に冷やすのがいいかもです。

 

ペットボトルにお水を入れて凍らせ、タオルでくるんだものでも代用できますヨ。

 

 

寝る前にがつがつ食べない

 

夏に限ったことではありませんケド、寝る前2~3時間は物を食べないのが◎。
胃に食べ物が入ると、消化が始まりますよね。
消化するということは、イケイケモードの交感神経が働くということ。
寝る時に必要なのは、交感神経ではなく、ゆったりモードの副交感神経です。
はい、、、当然ながら、寝つきがよろしくなくなります。
消化には2~3時間かかると言われています。これが、寝る前は食事を控えたほうがいい、というわれるゆえんです。

 

エアコン設定28度!タイマーは3時間

142002 (550x412)

 

 

上記を試してみて、だめだーーあぢい~眠れねぇ~って時は、やっぱりエアコンに頼ります。
設定温度は28度。タイマー3時間。
ちなみにワタクシの寝室は、南向き。西側なので、西日でもわもわ~夜は辛い環境なんですわ。
中には26度がいいって言う人もいますが、ワタクシの場合は28度ですやすや♫
布団?寝る時からかけてません。蹴飛ばしてます(笑)
でも、不思議と寝冷えはしてないですね~朝まで爆睡できるのってありがたいです。
まぢ!疲れが残りませんもんね~文明の利器はさすがです(o^-‘)b グッ!

 

最近は、ヒンヤリ寝具も出ているので、そういった物を使うのも一つの手段。
とりあえずは、コストゼロで、できることから始めるのがいいかと思いますヨ。

 

プラセンタサプリメントを摂る

 

疲れやすい
寝つきが悪い
ストレスがある
イライラする

 

こういった症状にもいいプラセンタサプリメントは、寝つきを良くしてくれ、質の良い睡眠をとるのに◎。
健康も精神的にもサポート!
長年プラセンタを飲んでいますケド、朝の目覚めはとても気持ちがいいですヨ。

●⇒おすすめのプラセンタサプリメントまとめ

 

 

暑くて眠れない!ぐっすり眠るために私がやっていること5つ でした。