19

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

毎日のスキンケアは手抜きなし!
朝も夜も、時間をかけて丁寧にやってるのに、お肌の調子がいまいち。
時々肌荒れするんだよね~って言う人、もしかしたら、思い込みスキンケアなのかも?

 

お肌は朝晩でも違うし、明日はまた違う、季節でも違ってきます。

 

実は間違いだらけ。
よかれと思ってやっていたことに、お肌は悲鳴をあげているのかも?
えええ?って思った人は、肌荒れセルフチェックをしてみてくださいネ。

 

 

1日の洗顔回数チェック

 

40代50代の場合、1日の洗顔回数は朝晩の2回。
40代50代は、乾燥肌の人が多いですよね。洗顔をしすぎると、使う洗顔料によっては、必要な潤いを奪ってしまうこともあります。

 

潤いが足りない!と感じたお肌は、お肌を守るために、皮脂を出して守ろうとします。これはお肌の正常な反応ですが、過剰な皮脂は、酸化したり、化粧崩れしやすくなったりと、いいことはまったくありません。

 

よしっ♫きれいに塗れた~ガッツポーズ d(ゝ∀・)  だったはずのファンデーション、夕方になったらどろりんちょ、、、まだらにベロリンちょ、、、
皮脂を過剰に出さないようにするためにも、洗顔は朝晩のみにするのがおすすめです。

 

まさか、使ってませんよね?洗顔ブラシ

 

よりきれいになるわよ~って聞けば「そう?」
使ってみたくなるのが女心。
でも、洗顔ブラシはおすすめできるものではありません。

 

洗顔の泡でさえ毛穴より大きくて、毛穴そのものに入り込むことは難しいのに、そこで洗顔ブラシを使ったとしても、泡は毛穴には入っていけませんよね。
当然のことながら、ブラシの毛先が毛穴に入って汚れをかきだすわけでもありません。できたら怖いですケド・・・
洗顔料そのものの品質が高く、毛穴の汚れをしっかり吸着してくれるものならば、泡も必要ないし、ましてや洗顔ブラシは必要ないんですヨ。
洗顔ブラシが、がががーっぐにゅぐにゅ~っとお肌をこすることのほうが心配です。

 

石けん・フォーム・ゴマージュ・スクラブ 洗顔料チェック

sengan

 

 

ゴマージュやスクラブ洗顔料は、つぶつぶがお肌に刺激を与えることもあります。
スクラブそのものの角がないものを使っているものが◎。
最近は、こんにゃくスクラブを使っているものもあるので、固いスクラブよりもこんにゃくなどの柔らかい素材を使っているものがおすすめ。
きれいにするつもりが、お肌は傷だらけ・・・笑えませんもんね (;^_^A

 

実際には、スクラブがなくっても、酵素やクレイ洗顔料ならば汚れはきれいに落ちるんですけどネ。
こだわる人は気を付けてくださいね。

 

●⇒おすすめの洗顔料まとめ

 

クレンジング料のタイプチェック

 

ふき取りシートタイプ・オイルタイプ・ミルクタイプ・ジェルタイプ・ゲルタイプ・リキッドタイプ。
一番避けたいのは、ふき取りシートタイプ。
コットンを何枚も使うことを考えると、こする回数が多くなりますよね。
何枚も入っているものは、防腐剤も多くなっています。

 

ふき取りシートタイプクレンジングは、飛行機やバスなどの中でクレンジングができない!っていうような時に使うものと位置付ける。
日本の水は軟水で、洗顔に適した水質ゆえ、メイク汚れは洗い流すタイプを。
オイルタイプはしっかりメイクの時だけ。
普段使いには、ミルクタイプ・ゲルタイプ・リキッドタイプがおすすめです。

 

●⇒おすすめのクレンジング料まとめ

 

フェイスマスクのタイプチェック

0-17

 

 

毎日使うのなら、水溶性のシートマスクや、水分油分が補えるクリームタイプを。
1週間に1回のスペシャルマスクなら、炭酸パックがおすすめ。
毛穴の詰まりが気になるから・・・毛穴に張り付けるパックは問題外。
皮膚まで剥がしてしまう危険性もあります。

 

●⇒おすすめのフェイスマスクまとめ

 

ぐいぐいマッサージ!やるべからず

 

リンパ液を流したり血行を良くする意味で、マッサージをするのはおすすめですが、力を入れてぐいぐい・・・これはNG。
ついつい力が入っちゃうんですよね。

 

お肌にとって、コスル!というのは一番迷惑な行為。
おお?っと、メラニンが活気づいて暴走ーー
また、老化傾向のコラーゲンがブチぎれることも。
マッサージはソフトに柔らかくが鉄則です。

 

●⇒ハンドマッサージ法図解

 

日焼け止めチェック

 

肌老化の原因の80%は紫外線の影響によるもの。
1万円の高級クリームよりも、1000円の日焼け止めクリームを使ったほうが、お肌のためになります。
要は、紫外線を浴びないようにすることが一番大切なんです。

 

日常生活ならば、SPF30位 PAは++ 以上あれば◎。
ファンデーションや化粧下地にもUV効果は欲しいですね。

 

●⇒おすすめの日焼け止めクリームまとめ

 

偏食 食べ物の好き嫌いチェック

 

肌老化の80%は紫外線の影響ですケド、残り20%は口から摂り入れるもので決まります。
お肌の構成成分はアミノ酸。
肉や魚などの動物性蛋白質だけでなく、豆腐やダイズ、緑黄色野菜などの抗酸化力も摂りたいところ。
バランスを崩さないように摂るのがおすすめです。

 

●⇒抗酸化力が高い食べ物チェック

 

甘いもの食べ過ぎチェック

 

甘いものを摂りすぎると、肌糖化の心配もでてきます。
代謝も低下してくるので、糖を思うように代謝できなくなってしまうゆえ、糖化して、お肌が黄ばんだようにくすんでしまいます。

 

睡眠不足チェック

17

 

 

お肌は眠っている間に修復される!といいますケド、その修復にかかる時間は6時間!
つまり、お肌のためには、6時間の睡眠が必要だということです。

 

また、人は、寝だめをすることができません。
平日の睡眠不足を補うために、今日は1日寝るぞーー!
疲れるだけ・・・
睡眠は、毎日同じ時間に布団に入り、同じ時間に起きるのが基本。
お肌のためにも体のためにもいいことです。

 

朝の目覚めがよろしくない場合、起きる時間から逆算して、90分の倍数になる時間に寝るのが◎。
人は、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返していますが、この周期が90分なんです。
朝6時に起きるのなら、遅くても12時には寝たいところですね。

 

ということで、いくつかチェックしてきましたが、これらは最小限のチェックポイント。
その他にもチェックしたい生活習慣等はたくさんあります。

 

こうしてチェックしてみると、思い込みスキンケアって、意外と多くないですか?
人がやっているから、私も・・・
合わない場合があるのは、肌質の違いがあるから。
10人いれば10人の肌質があります。
ポイントを抑えて、艶肌を目指してくださいね。

 

やってはいけない思い込みスキンケア 実は間違いだらけ でした。