004392

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

今年の紫外線量は、去年の3倍!ってTVでやってました。
何だか恐ろしいよね~3倍って・・・どんだけーーだわよね~
毎日日焼け止めクリームは塗るけれど、日焼け止めクリームだけじゃあ追いつかないんじゃあ?
ってことで、昨日アームカバーを買ったんだけどネ。100均で (* ̄m ̄)

 

ラインナップを見てみると、あら~真っ黒が多いわね~
白が1種類・グレーが1種類・あとはぜーんぶ真っ黒け。
確かに、黒が紫外線を通さないって言う話は聞いたことがあるけれど、色で紫外線予防効果って変わるの?
素朴な疑問がわいてきたので、ちょちょいっと調べてみました。

 

紫外線をカットする!服の色ランキング

 

1位 黒

2位 ターコイズ

3位 黄色

4位 オレンジ

5位 ピンク

6位 オフホワイト

 

こうしてみてみると、濃い色の服を着たほうが、紫外線予防には効果的みたいね。
また、生地の厚いもの・密になっている生地ほど紫外線予防効果が高く、当然だけど、UVカット加工がしてあれば最強ということに。

 

素材で言えば、ポリエステル、ビニロン、羊毛が、紫外線カット率が高くなります。

 

意外だったのは黄色。
最近は黄色が注目されているらしく、紫外線予防効果が高いのに、黒のように熱くならないんだとか。
確かに、黒って表面がめちゃくちゃ暑くなるもんね~
出かける時って、長袖のシャツを羽織ったりすることもあると思うけれど、黒や黄色い洋服を羽織るのがよさそうですね。

 

長袖シャツを羽織る!ということは、恐怖の近赤外線予防にもなります。
近赤外線っていうのは、紫外線とはまた違うんだけど、筋肉組織まで浸透して、お肌を老化させる!というもの。
一般的な日焼け止めクリームは効果なし!

 

予防するには、脱毛をしない!長袖の洋服を着る!
露出しないのが一番の予防法なんです。
また、排気ガスなども肌老化の原因になるゆえ、長袖の服を羽織るのがおすすめです。

 

帽子はつばの広いものをかぶれ!

 

夏は帽子をかぶることも多いと思うんですケド、つばの広さって意識してます?
つばは、できるだけ広い方がおすすめ。
つばは、広ければ広いほどお肌をカバーし、紫外線から守ってくれます。
言ってみれば、小さな日傘ですもんね。
10cm位はあってもいいと思いますヨ。

 

日傘のUVカット効果寿命は2年!

11

 

 

そうだよな~って思ったのが日傘のUV寿命。
毎日使っていると、UVカット効果は、少しずつはがれていってしまうんだそう。
確かに、素材そにものに後付けしてる感じだもんね~当然と言えば当然なんだケド。
毎日使っているとして、寿命は約2年
それでもないよりはマシだけど、暑さをしのぐだけのただの日傘に・・・
しっかりUVカットをするのなら、2年に1回は買い替えたほうがよさそうですネ。

 

帽子をかぶったにしても、日傘をさしたにしても、日焼け止めクリームは必須。

うっかり日焼けにも気をつけてくださいね。

 

紫外線関連記事リンク

 

日焼け止めクリーム人気ランキングまとめ

近赤外線・ロングUV-Aカット方法

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違い 成分チェック

日焼け止めクリームの選び方 SPF・PAの意味

 

夏の紫外線をカットする!最強の服の色ランキング でした。