3お肌の仕組みってわかってるようでわかっていない人って多いんじゃないかって思う。
必要ないって言ってしまえばそれだけだけど、知っていても損はないかな(笑)

化粧品を使うと、しっとり潤うけど、一体どの部分が潤ってるの?
お肌の仕組み・構造を理解してるとわかってくることって多いんですよ。

 

下手な絵だけど(笑)
お肌は上から、表皮・真皮・皮下組織という層があって、厚さは表皮と真皮でたった2mm!

 

表皮の厚さは、大体0.2mm。
表皮の一番上は、角質層で厚さは0.02mm位しかありません。

 

皮膚断面図

角質層の役割

 

角質層っていうと、細胞が死んで剥がれ落ちるべき細胞のカスのように思われがちですけど、実はお肌のバリア機能を果たしているとっても大切な部分。
いつも手で触れているのは角質層の部分です。

約30%の水分量を含んでいて、潤いの要になる部分でもあります。

 

基底層で生まれた細胞が、代謝されながらだんだん上に上がってきて、役目を終えればいずれは剥がれ落ちていきます。

 

角質層は、レンガが積み重なったように何層にも重なっていて、レンガの間は、細胞間脂質といわれるセラミドなどで埋められていて、これが潤いの蒸発を防ぐ役割をしています。

 

肌断面図

ところが、年齢を重ねたりピーリングなどのしすぎで肌表面の皮脂をとり過ぎると、極端に角質細胞が減少して、細胞間脂質が流れ出してしまいます。
バリア機能も弱くなり、どんどん潤いがなくなっていく・・・
外からの刺激も受けやすくなってしまう・・・

 

角質層はお肌を守るためになくてはならないもの。
余分な角質は、くすみなどの原因にもなりますので取り除くことは必要ですが、やりすぎはお肌を痛めていることにもなりかねない。
ホームピーリングでつるつる感がいいからと、やり過ぎるのも控えたほうがいいですね。

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)

ターンオーバーって聞いたことがあると思いますが、簡単に言うとお肌の生まれ変わりですね。

 

基底層で肌細胞が生まれ、だんだん角質層にまで押し上げられ、最後はアカとなって剥がれ落ちるまでのことをターンオーバーといいますが、このサイクルは、一般的に28日間だと言われています。
サイクルについては、また別の見解もあり、40日以上という説もあります。

 

細胞が生まれ角質層に届くまで14日間。剥がれ落ちるまでに14日間かかるというのが一般的なようです。
このターンオーバーは、年齢を重ねるごとに日数が増えていき、お肌に残っている期間が長くなり、これがくすみの原因になることもあります。

 

お肌にいつもあるシミの正体は

 

表皮の一番下にある基底層。シミはここで作られます。

 

皮膚断面シミ

 

紫外線とか摩擦とかの刺激を受けると、基底層の色素細胞が活性化

メラニンを作り出す

メラニンは、だんだん薄い色に変化しながら、細胞と一緒に押し上げられて、最後にはアカとなって剥がれ落ちる

 

剥がれ落ちるべきシミなのに、だんだん濃くなったりするのはどうしてなんでしょう?

 

紫外線などを浴び続けると、色素細胞はお肌を守ろうとして、必要以上にメラニンを作り続けてしまいます。
そして、怖いことに、一度活性化した色素細胞はメラニンを作り続けるんです。

 

メラニンがたくさん作られたお肌は、その部分だけ黒く見える、というわけです。

 

年齢を重ねて、ターンオーバーそのものが悪くなっているお肌に紫外線は大敵!
1年を通してUVカットは必要ですね。

 

真皮の役割

 

表皮の下の部分で、約70%はコラーゲン繊維でできています。

 

コラーゲンっていうと化粧品のイメージから、液体だと思ってしまいがちですが、コラーゲンは繊維でできているんですね。
コラーゲン繊維は、魚とりの網目のように張り巡らされていて、お肌の弾力を保つ重要な役割をしています。
生きた細胞ではないので、死ぬということはありませんが、生まれ変わることもありません。
古くなれば分解されて代謝されてきます。

 

コラーゲン繊維の他にもエラスチンという繊維もあって、コラーゲンを支えてくれたりしているんです。

真皮の約5%を占めています。

 

ハリがなくなるとか、弾力がなくなるとか言いますが
これらの症状は、線維が古くなって弾力がなくなってしまうことが原因です。

 

コラーゲン繊維とエラスチン繊維の周りを埋めてくれているのがヒアルロン酸。
真皮の潤いを保ち、肌弾力をも支えています。
ヒアルロン酸は水分保持力が高いので、ヒアルロン酸がたっぷりあるほど、お肌はみずみずしくなります。

 

皮膚構造と役割

いかがでしたか?

気に留めることって少ないとは思いますけど、知っているとお肌にはどんな成分が必要で、どういうお手入れがいいのか・・・
何となくわかってくるものですね。

参考にしてくださいね。