ブルドッグ

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

メイクやファッションではどうにもならないのがブルドッグ顔。
いくらファンデーションを重ねてもカバーすることはできないですもんね。
見た目年齢を、5歳も10歳も上げてしまうブルドッグのようなたるみ。
このたるみの原因は何かと言えば、角質層の下にある真皮層の老化。
老化には、自然と衰えてくる部分と、デイケアでの真皮層を劣化させるケアの2つが絡んででてくることが多いんです。

 

気付かずにやってるかも知れませんよね~
一体、どういったケアが、真皮層を劣化させてしまうのか、やってはいけないスキンケアをチェックです。

 

①ごりごりぐいぐいマッサージ

ブルドッグのようなたるみを解消したい一心で、ごりごりぐいぐいとマッサージをしていませんか?
エステマッサージを受けたことがある人はわかると思うんですケド、エステティシャンのハンドマッサージは、お肌に触れるか触れないかわからないほどソフトなんですよ。
こんなんで効くの?って思ってしまうほど。

 

確かに力を入れてごりごりぐいぐいマッサージをすると、すっきりしてむくみもとれたように感じます。
でも、このチカラ!実は真皮層は悲鳴を上げているんです。

 

肌内部に、コラーゲンやエラスチンがあるのは知っていると思うんです。
コラーゲンは繊維。
とても壊れやすく、ごりごりぐいぐいを続けると、どんどんもろく、切れやすくなっていってしまうんです。
身に覚えがある人は、今日から辞めることをおすすめします。

 

●⇒ハンドマッサージ法はコチラ

 

②お顔をたたくパッティング

 

洗顔後に使う化粧水。
コットンを使う人に多いのが叩きすぎ。
叩いた方が浸透がいいような気がして、コットンでぱたぱたと叩き込んでしまうことってありませんか?

 

これも、ごりごりぐいぐいマッサージをしているのと同じなんです。
たたくことで、コラーゲン繊維は切れやすくなってしまうんです。
コラーゲンは、ハリ・弾力を保っているゆえ、切れてしまては、ブルドッグのようにたるんでしまいますよね。

 

コットンを使うのは良しとしても、たたいたりこすったりはNG。
お肌にのせるように、優しく浸透させるのがおすすめです。

 

ブルドッグ顔解消方法

①日焼け止めは1年中使い活性酸素を増殖させない

②抗酸化力が高い化粧品を使う

③イオン導入・たるみ美顔器を使う

 

日焼け止めは夏しか使わない!って言う人は意外と多いんですよね。
でも、紫外線は1年中降り注いでいるゆえ、1年を通して使うのがおすすめ。
使わない場合は、化粧下地にUV効果があるものを使うようにしたいですね。

 

また、紫外線を浴びると、活性酸素が増殖しやすく、増殖した活性酸素は、コラーゲンを劣化してしまいます。
化粧品では、抗酸化作用があるビタミンC誘導体などを配合してあるものを使うのがおすすめ。

 

そして、すでにたるんできてしまった・・・マッサージをしても抗酸化化粧品を使っても、なかなか・・・という場合は、イオン導入もできる超音波美顔器を使うのがおすすめ。
ビタミンC化粧品をイオン導入すれば、更に肌深く浸透して、抗酸化力がアップ↑。
超音波振動で、肌内部の温度を上げ、たるんできた脂肪を分解してすっきりと。
1日5~10分でブルドッグ顔が見違えてきますヨ。

 

自慢じゃありませんが・・・
ブルドッグになりかけ?だったわたくしの顔でございます。
全体的に、たる~っとしているのがわかりますよね。

 

ほうれい線のたるみ

 

ほうれい線のたるみ

 

こんな感じですネ。
ビタミンCイオン導入もできるゆえ、お顔全体も明るくなってきました (o^-‘)b グッ!

●使ったのは⇒エステナードROSE

●⇒ワタクシの口コミ

●⇒イオン導入方法はコチラ

 

お役にたてれば嬉しいです。

 

ブルドッグ顔解消 やってはいけないNGスキンケア2つ でした。