22

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

きれいに塗れたファンデーションも、午後になると崩れてきてしまう。
夏はもちろんだけど、季節を問わずでてくる悩みでもあるわよね。
人肌は常に代謝をしているわけだから、まったく化粧が崩れない!っていうことはあり得ないわけです。

 

でも!
化粧崩れを最小限に抑えることはできます。

 

化粧崩れ予防法

 

 

汗をかけば、肌とファンデーションの間に汗の層ができるし
皮脂が出過ぎれば、肌とファンデーションの間に皮脂の層ができる。
これが化粧崩れの原因になります。
化粧崩れを最小限に抑えるコツは5つ。
フェンデーションを盛りすぎないことと、化粧下地!
プラス、過剰皮脂を抑えるための保湿ケアを怠らないことと毛穴ケアです。

 

ファンデーションを盛りすぎない

ファンデーションを盛れば盛るほど化粧崩れしやすくなります。
特に、汗をかく夏は、肌とファンデーションの間に汗の層ができるので
気付いたらファンデーションがはげていた!ってことにも。

 

ファンデーションを薄めに塗り、フェイスパウダーで抑える程度にするのがおすすめ。

 

 

保湿ケアで過剰皮脂を抑える

湿気があることから、夏は乾燥しない!という間違った思い込みがあり
潤ってるという勘違いから、保湿ケアを怠ってしまうこともあるかと思います。

 

エアコンが効いている室内にいるとわかりやすと思うんですが・・・
汗ばんでいたりすると乾燥を感じにくいけれど
エアコンの中にずーっといると、顔も腕も脚も、かさかさしていることが多いもの。
そうすると、人肌は皮脂をだして肌を守ろうとするんですよ。

 

それは顔肌も一緒。
それが化粧崩れの原因になります。

 

潤いが足りていない肌は、化粧品の吸着力も低下しやすく、これもまた化粧崩れの原因に。

 

過剰な皮脂を抑えるポイント

 

①潤い洗顔
洗顔は汚れを落とすものですが、必要以上に潤いを奪い過ぎると、皮脂がでやすくなります。
ごしごし洗顔を避け、優しい洗顔料で、優しく洗顔をするのがおすすめ。

 

②保湿スキンケア
化粧水・美容液で保湿をし、その潤いを逃がさないよう、クリームなども忘れずに。

 

③保湿効果がある化粧下地を使う
化粧下地にも保湿効果があると、皮脂が出にくくなります。

 

また、夏は、毛穴も広がりやすくて目立ってくることから、毛穴落ちもしやすくなる傾向が。
そういう時におすすめの毛穴ケアが炭酸パック。

 

炭酸パック

 

どうして炭酸パックがいいのかっていうと・・・

icon-check01-red毛穴引き締め
icon-check01-red緩み対策
icon-check01-red透明感アップ
icon-check01-redはりアップ
icon-check01-red洗浄効果
icon-check01-red巡りを良くする効果

 

広がった毛穴を洗浄しながら、きゅきゅっと引き締めることができたら、化粧崩れも最小限になるかと思いますヨ。

 

セルフューチャー炭酸パック

 

●⇒セルフューチャー炭酸パックの口コミはこちら