男性500

 

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

梅雨になると、激しい運動をしたわけでもないのにだるい・・・体がずっしり重たい・・・ありませんか?
ワタクシの場合、梅雨に限らず、雨の日とか、今にも降りだしそうなお天気の時も、ずっしりと重たさを感じるのよ。

 

何かが肩にのしかかっているようで、肩が凝ったりもするんだよね~
ひどくなると頭痛にも!
まったく、困ったもんです。

 

そんな、梅雨にありがちなだるさ・疲労感などの、原因と解消法をご紹介します。

 

梅雨のだるさ・疲労感の原因

 

原因は、自律神経の乱れ。
雨を降らせる低気圧や、気温の変化が大きいことがストレスになり、自律神経を乱すと言われています。

 

確かに、梅雨の時期って、蒸し暑いかと思えば、何だかひんやりする、、、のような天気が続きますもんね~
体がついて行けてない!ってことなんですよね。

 

自律神経は、汗をかいたら体温を調節する・・とか
消化・代謝など、生命維持に必要な部分をコントロールしています。

 

交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経は、昼間に活発になり、活動的に働く自律神経。
一方副交感神経は、夕方から夜にかけて活発になり、リラックスモードを司る自律神経。

 

2つの自律神経のバランスをとることが、健康への第一歩。
ところが、現代では、自律神経のバランスが完璧!って言う人は少ないんだそう。

 

ストレスや不規則な生活が続くと、自律神経のバランスが崩れやすくなるので注意!ですヨ。

 

解消法① 体を冷やさない

10

 

 

蒸し暑くなってくるので、エアコンが効いている部屋にこもることも多いですよね。
体が冷えると、疲れが溜まりやすくなるんです。
血行も悪くなりがちゆえ、肩こりとか、むくみも感じやすくなります。

 

エアコンが効いた室内にいる場合は、肩掛けやカーディガンを羽織ったり、レッグウォマー・ひざ掛けなどを忘れずに。

 

 解消法② 貴重な晴れ間に太陽を浴びる

 

梅雨って、心もどんより~っとしがちですよね。
それは、心のバランスを整えるセロトニン不足が原因の一つだと言われています。

 

セロトニンって聞いたことがあると思うんですケド、太陽の光を浴びることで分泌されるんです。
つまり、雨の日が多いと、セロトニンが作られにくくなってしまうわけですネ。

 

晴れ間が見えた時には、太陽の光をいっぱい浴びる!

 

セロトニン分泌量が多いと、質の良い睡眠も得られます。
雨や曇りの日でも、カーテンは開けておいた方がいいですヨ。

 

 解消法③ 梅雨のだるさ・疲労感にいい食べ物をとる

 

だるさ・疲労感をとるためには、うなぎ・にんにく・黒酢・ごま・鳥の胸肉など、スタミナアップ食材をとるのがおすすめ。

 

イニダゾールジペプチド

にわとり

 

今、話題になってますよね~イミダゾールジペプチド。
渡り鳥が長距離を飛べるのはどうして?・・・っていうところから発見されたパワーアップ成分。

 

ヒトの体の筋肉や脳など、動きや消耗が激しいところには、イミダペプチドの合成酵素が常にあるゆえ、ピンポイントでイミダペプチドが合成される!

 

鶏肉の胸肉に多い成分なんですけど、水溶性のため加熱すると流れてしまう・・・という欠点があるため、スープにして、身もスープも全部食べるのがおすすめ。

 

国の研究プロジェクトでは、23の食品成分のうち、最も優れた抗疲労効果も持つ成分!として認められているっていうだけあって、疲労に最強かもです(o^-‘)b グッ!

 

 

プラセンタ

プラセンタは、精神バランスを整えることから、自律神経にいいとも言われている成分。
血行促進にも役立つので、エアコンで冷えがちな人にも◎。
ビタミン・ミネラル・酵素・核酸など、生きるための栄養素の宝庫です。

 

 

 梅雨のだるさ・疲労感・不調を乗り切る3つの方法まとめ

 

icon-check01-red体を冷やさない

icon-check01-redできるだけ太陽の光を浴びる(自律神経を整える)

icon-check01-redスタミナアップ食材をとる

 

<参考口コミ記事リンク>

疲労回復にいいサプリメントまとめ

 

 

梅雨のだるさ・疲労感・不調を乗り切る3つの方法 でした。