11

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

肌老化で一番怖いのが活性酸素。
紫外線を浴びただけでも活性酸素!ストレスを感じても活性酸素!スポーツをしただけでも活性酸素!呼吸をしただけも活性酸素!
日々肌老化に襲われているんですよね~

 

シミやしわなど、肌老化予防のために使ってますよね~日焼け止めクリーム。
でも!いくらUV効果が高くっても、100%紫外線を予防するのは不可能だと言われ、浴びた紫外線は確実に活性酸素を増やします!
老化因子の活性酸素!
100%予防できないのならどうすればいいの?って話ですよね。
限りなく老化予防をするのには、体の中から活性酸素の増殖を抑えればいいんです。
簡単でしょ?

 

とは言っても、活性酸素にいい食べ物って何よ?ですよね。
ということで、抗酸化力が高い身近な食べ物をご紹介します。

 

ビタミンの中では、ビタミンA・C・Eは、特に抗酸化力が高いと言われています。

また、カテキンやイソフラボンなどのポリフェノールも抗酸化物質です。

 

ビタミン類

 

icon-check01-redビタミンA

ビタミンAを含む食べ物は、動物性のものしかなく、摂りすぎるとカロリーオーバーになりやすいので、プロビタミンAである緑黄色野菜でとるのがおすすめ。
プロビタジンAというのは、体の中で、必要な分だけビタミンAに変換されるビタミンのことで、β-カロテンがプロビタミンAです。

オクラ・かぼちゃ・小松菜・春菊・チンゲンサイ・ニラ・ニンジン・ピーマン・パセリ・ブロッコリー・ほうれん草・トマト・・・など。

 

icon-check01-redビタミンC

上記に挙げた緑黄色野菜の他、淡色野菜にも多く含まれます。

かぶ・カリフラワー・キャベツ・ゴーヤ・ジャガイモ・さつまいも・白菜・もやし・・・など。

その他、果物にも含まれています。

 

icon-check01-redビタミンE

ダイズ油・オリーブ油・ゴマ油・大豆・落花生・アーモンド・玄米・大豆・レバー・魚・牛乳・果物・すじこ・うなぎ・かぼちゃ・・・など。

 

ポリフェノール

 

icon-check01-redカテキン

緑茶・煎茶・番茶

icon-check01-redイソフラボン

ダイズ胚芽・納豆・豆腐・油揚げ・きなこ

icon-check01-redリグナン

ごま・アマニ油・かぼちゃの種・ダイズ・小麦・ライ麦

icon-check01-redその他

赤ワイン・そばなど。

 

さて、抗酸化力が高い食べ物がわかったところで、1日にどれだけ食べればいいの?って話。

 

1日に摂りたい野菜の量は、300~350g。
緑黄色野菜と淡色野菜の割合で言うと

緑黄色:淡色野菜 = 1:2

1日量をわかりやすく300gとすると、緑黄色野菜が100g、淡色野菜が200gということになります。

 

とまと

 

中玉トマト、スーパーで売っていた1袋に5個入っていました。
重さを測ってみたら、約350g。
重さだけで言えば、この量が1日分ということですね。

 

小松菜

 

スーパーで売っていた小松菜1袋。
これで210g位です。

 

つまり、淡色野菜の量は、小松菜1袋分必要で、緑黄色野菜は、トマト1~1.5個分位必要だということです。
ランチに食べてるわよ~サラダ!っていう人は多いと思いますケド、まったく足りていないことがわかると思います。

 

毎日小松菜1袋。トマトを1.5個!
体の中からの若返りを目指すのならとりたいところです。

 

野菜や果物なら何でもいいというわけではなく、気を付けたいものもあります。
それは、ソラレンを含むもの。

 

ソラレン含有野菜は夜に食べる

005177

 

 

ソラレンって聞いたことはありませんか?

 

野菜や果物に含まれている成分なんですが、日光に敏感で、シミが出来やすくなる!と言われている成分です。
ソラレンを含む食べ物は、朝・昼に摂ることは避けたほうが無難。
ソラレンを含む食べ物は、夜に摂るのがおすすめです。

 

<ソラレンを含む食べ物>
レモン・オレンジ
パセリ・セリ・三つ葉・明日葉
キウイ・いちじく・春菊・人参・きゅうり

 

いくつか挙げてみましたケド、キウイとかオレンジって、朝食に摂る人も多いんじゃないかと思います。
これらを朝や昼に食べて紫外線を浴びてしまうことは、シミができやすい環境を自ら作ってしまうことになります。

 

日中に運動をする人は、もしかしたらレモンジュースを飲むことがあるかも知れませんが、昼間に飲むのは避けたほうがいいと思いますヨ。

 

でも、上記にあげた野菜や果物は、ビタミンCも多いし、ミネラルも多く含んでいて、シミ予防にもいいと言われていますよね。

 

なので!

 

朝昼を避け、夜に食べれば、日中に浴びた紫外線の影響を回復してくれる!
活性酸素の増殖を抑えてくれます。
朝昼に食べるか、夜に食べるかで、明暗を分けるわけですネ。

 

怖い!自家製きゅうりパック

パック

 

栄養素が世界一少ないことで、ギネスにも載っているきゅうり。
夏になると、きゅうりパック!
まさか、していませんよね?

 

上記に挙げたように、きゅうりはソラレンを含んでいます。
美白パックのつもりが、実はシミを増やしていた!・・・ということにもなりかねません。

 

食べ物は食べることにより、体の中からきれいにしてくれるもの。
お肌に塗って安全かというと、それは別物です。

 

icon-check01-redきゅうりは、がんがん食べればデトックス効果大!

 

きゅうりには、体内の老廃物を排出し、利尿作用のあるカリウムも含まれているゆえ、顔や脚のむくみを改善する効果があると言われています。
また、脂肪を分解する酵素も含まれているので、内臓脂肪がたまりやすい人にいいとも!
酵素は熱に弱いので、食べる時は、生のままがおすすめ。

 

そんなの無理!1日350gもとれない!食べられない!
中にはそういう人もいると思います。
そういうときの味方がサプリメント。
抗酸化力が高いサプリメントは、ビタミンAもCもEも売っているし、イソフラボンやごまなども売っていますので、サプリメントでとるのもおすすめです。

 
サジーとかシーバックゾーン・・・などど呼ばれている木の実ジュースも抗酸化力が高く、研究者も認めるところ。
野菜嫌いの人にもおすすめですヨ。

 

 

 

 

フィネス豊潤サジー

こちらも定期購入中の豊潤サジー。

●⇒フィネスの黄酸汁 豊潤サジー詳細

●⇒ワタクシの口コミ

 

肌老化予防 抗酸化力が高い食べ物で若返る! でした。