k-5

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

ファンデーションはリキッドタイプを使ってますか?
それともパウダータイプ?

 

40代以降はどっちがいいんだろう・・・
迷うこともあると思うんです。

 

調べてみると、40代50代では、リキッドタイプを使っている人が多いみたいですね。
かといって、パウダーファンデーションが合ってるのなら、無理に変える必要はありません。
肌質に合ってる人は、違和感なく使えますから。

 

ずーっとパウダーファンデーションを使ってきたけど、最近ぱさぱさする・・・
乾燥する・・・
そう感じている人は、リキッドファンデーションへ変えることも、視野に入れたほうがいいかもしれません。

 

ファンデーションが合うか合わないかは肌質の問題なんですヨ。

 

パウダーファンデーションにもリキッドファンデーションにも、メリットとデメリットがありますので、それぞれをチェックしてみました。

 

パウダーファンデーションのメリット・デメリット

0-09

 

パウダーファンデーションは、一般的に、普通肌~脂性肌向けだと言われています。

 

メリット

icon-check01-red均等に塗りやすい
icon-check01-redパウダーそのものに、紫外線散乱効果がある(UV効果がある)
icon-check01-red防腐剤不要

 

デメリット

icon-check01-red乾燥に弱い
icon-check01-redブラシやパフを用いるため、買い替える必要がある

 

40代以降、ファンデーションを選ぶ時は、UV効果って大切ですよね。
パウダーファンデーションにもSPF表示があるものも多いですが、粉そのものにも、紫外線散乱効果があるのは頼もしいですネ。
そういった意味では、パウダーファンデーションはいいと思いますヨ。

 

リキッドファンデーションのメリット・デメリット

 

リキッドファンデーションは、一般的に、乾燥肌~普通肌向けだと言われています。

 

メリット

icon-check01-red水分・潤い保持力が高い
icon-check01-red艶が出る

 

デメリット

icon-check01-redムラになることがある
icon-check01-red指で塗るので、指が汚れる
icon-check01-red乳化剤や防腐剤が配合

 

乾燥肌で、艶感が欲しいお肌には、リキッドファンデーションが◎。
リキッドファンデーションには、美容成分が多く配合されているゆえ、乳化剤や防腐剤が使われています。
乳化剤や防腐剤に敏感な肌質の人は、かぶれないとは言い切れませんので、この辺はチェックですネ。
もちろんですが、SPF表示があるものを選ぶのがベストです。

 

0-18

というように、パウダーファンデーションにもリキッドファンデーションにも、メリットもあるしデメリットもあります。

 

パウダーファンデーションにしようか、リキッドファンデーションにしようか・・・
迷った時は、お肌に聴く!

 

icon-check01-red脂性肌・普通肌なら⇒ パウダーファンデーション
icon-check01-red普通肌・乾燥肌なら⇒ リキッドファンデーション

 

これを目安にして、まずはお肌に塗ってみる。
ファンデーションは、年齢で決めるのではなく、肌質で決めるものなんですネ。
答えは、自ずとお肌がだしてくれますヨ。

 

 

リペアファンデーショントライアル

 

そうは言ってもな~・・・って言う人は、リキッドファンデーションもパウダーファンデーションも。
更には仕上げ用フェイスパウダーもお試しできる、リペアファンデーショントライアルがいいかもです。

 

●⇒リペアジェルファンデーション

●⇒ワタクシの口コミはこちらです

 

 

その他、下記からもどうぞ。

 

●⇒リキッドファンデーションをお探しの方はこちら

●⇒ミネラルファンデーションをお探しの方はこちら

●⇒BBクリームをお探しの方はこちら