100301

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

毎日のスキンケアは、化粧水から始める人が多いですよね。
その化粧水、なかなか浸透しない!って感じることはありませんか?

 

乾燥肌の人なら、濃厚なとろみ系化粧水を使うこともあるかも知れません。
まったく入っていかない・・・ぬるぬるべたべた・・・
サラパシャ系の化粧水に変えても、まったく入っていかない・・・

 

化粧水が浸透しない原因は2つあります。

・十分潤っているから浸透しない

・肌の状態がよろしくないから浸透しない

 

十分潤っているから浸透しない

肌水分量がたっぷりあって、みずみずしいお肌。
ハリも弾力もあって艶があるお肌は、とても良い状態。
化粧水は必要ない!と、お肌が判断している時は、浸透しないこともあります。

 

肌状態が良い時は、化粧水ではなく、美容クリームを塗って、その水分量が逃げない様に守るだけで十分です。
今のその肌状態に満足し、美容クリームをおろそかにすると
いずれは水分が逃げ出してしまい、乾燥しやすく、しわやたるにができやすくなりますので、油断は禁物。

 

肌状態がよろしくないから浸透しない

 

40代になると、肌水分量が満足するほどある!って言う人はほとんどいないかと思います。
何かしらよろしくない原因があるから化粧水が浸透しない!と考えたほうが◎。

 

40代以降の場合、汚れや古い角質や酸化皮脂が残っていて、それが化粧水の浸透を邪魔している場合がほとんど。
肌表面に残っていたり、毛穴に落ち込んでしまったりすると、化粧水の浸透を妨げてしまいます。
これらの古い角質や酸化皮脂をとり除く方法はいくつかあります。

 

・吸着力が高い洗顔料を使う
・クレイ系パックを使う
・イオン導出をする

 

 

吸着力が高い洗顔料を使う

 

sengan

 

スキンケアで大切なのはクレンジングと洗顔。
毛穴の汚れがとりきれていなかったり、古い角質がお肌に残っていたりしているところへスキンケアをしても、なかなか浸透しないし、塗っての効果が半減してしまうから。

 

特に、酸化した皮脂は艶肌の大敵。
残ってしまった酸化皮脂が原因で、ニキビ・肌荒れ・・・肌トラブルが次々と。

 

とか言うと、皮脂は悪者のように思われがちですけど、人肌に皮脂は必要なものなんです。

 

毛穴からは皮脂や汗、老廃物が排出されますよね。
毛穴から分泌される皮脂は、皮脂膜を作ってくれ、肌内部の潤い成分が外に出て行かない様にしてくれているんです。

 

そしてその皮脂膜は、外部刺激からお肌を守るバリアの役目もしてくれているんですヨ。
皮脂は継続的に分泌されるので、1日の終わりには、今日の皮脂を洗い流し、古い皮脂を溜めこなまいことが大切!

 

洗顔したつもり・・・
つもり貯金が溜っていくと、化粧水は浸透しにくくなります。

 

お肌によくない状態とは、、、
皮脂が酸化し、そのバリア機能の生成を邪魔しているということ。
お肌にとってはとても危険なことなんです。

 

皮脂は、艶肌になくてはならないものだけど、いいようにも悪いようにもなる・・・
一言で言ってしまえば、酸化させてはいけない!ということですネ。

 

化粧水でスキンケアする前に、表面だけでなく毛穴の中まできちんと汚れを落としきること。
毎日、肌をニュートラルな状態に戻してあげることが艶肌への近道なんですヨ。

 

化粧品

 

お顔の汚れを大きくわけると、2種類の汚れがあります。

 

icon-check01-redお肌そのものがだす皮脂や汗、古い角質・ホコリや花粉などの外部から受けた汚れ。

icon-check01-redファンデーションやメイク・日焼け止めなどによる油性の汚れ。

 

ファンデーションやメイクは、汗などで落ちないように作られているものも多いゆえ、クレンジングが必要です。
一方、お肌そのものが出す皮脂などは、洗顔料で洗い流すことができます。

 

艶肌作りの基本中の基本は、洗顔です。
酸化皮脂が残っていたら、化粧水どころか、どんなに高価なパックや美容液を使っても、浸透することが難しく効果を感じない・・と言うことにも。

 

酸化皮脂は、肌老化の大きな原因にもなるといいます。

 

メイクをしなかった日でも、皮脂はでるし、ほこりもお肌につきますよね。
洗顔は、汗・ほこりなど、お肌にイラナイものを取り除き、スキンケアの浸透力を高める大切なプロセス。
お水で流して落ちるものではありませんので、洗顔料でしっかり洗ってくださいね。

 

自分に合った洗顔料を使うと、化粧水の浸透が良くなると思います。

 

●⇒おすすめ洗顔料はこちら

 

 

クレイ系パックを使う

クレイには、汚れを吸着する性質があります。
プラスの汚れを持つ汚れを、マイナスのクレイが吸着することから
こすらなくても、肌表面の汚れや古い角質を無理なく落とすことができるのが特徴。

 

肌表面をつるつるにするのには、ピーリングもありますケド
必要以上にこすってしまうこともあるので、そういった点でもクレイパックがいいかと思います。

 

洗顔後に塗って、10秒なでるだけでお肌がつるつるになるクレイパックがエレクトーレ。
入浴の時に使うと面倒なことなくつるつになりますヨ。
初回半額。返金保証付き。

 

エレクトーレフェイスパック

 

●⇒たった10秒のエイジングケア【エレクトーレ】

 

 

イオン導出をする

 

お肌のターンオーバー周期が乱れてしまう40代50代は、古い角質が残っていることも多く
それが、化粧水の浸透を妨げている場合もあります。
なんとなく肌表面の手触りに滑らかさを感じない・・・のような時は古い角質が残っていることが多いもの。
かといって、ぺろん・・・とはがすことが出来ないのがもどかしいんですけどネ。

 

ターンオーバーを正常に近づけるのには、十分な保湿をするのがいいんですケド
浸透そのものが低下している時は、何を塗っても滑らかになりにくいんですよね。

 

そういうときは、美顔器でイオン導出をするのが◎。
プラスイオンの振動で、毛穴の汚れや肌表面の古い角質を取り除くというもの。

 

イオン導出方法

 

これは、エステナードソニックROSE超音波美顔器。
ヘッドに濡れたコットンを取り付け、お肌に当てるだけ。
イオン導出の細かい振動は、油分をもきれいにしてしまうほどのパワーが!

 

化粧水を浸透させる方法

 

お水しか使っていないのに、こんなに汚れが!
ハンドではできない部分を簡単にこなしてくれるのが素晴らしい♪
肌表面の古い角質や毛穴汚れがすっきりすると、化粧水もぐいぐい浸透するようになっていきますヨ。

 

イオン導入もできる超音波美顔器

 

●⇒エステナードROSE詳細

 

 

体の中から肌を変えていく方法

 

上記はお肌を外からのケアで変えていく対処法ですが
もう一つ、忘れないで欲しいのは、体の中からのケア。
化粧水が浸透しない!という事実は、目に見えることから、外からのケアばかり目が行ってしまいがちですよね。
でも、化粧水が浸透しない肌を生み出しているのは、体の中の組織です。

 

肌を構成するたんぱく質(アミノ酸)が足りていないのかも知れません。
アミノ酸をスムーズに全身へ運んでくれる、血液の流れが滞っているのかも知れません。
活性酸素が多すぎて、体の中で対応ができていないのかも知れません。
細胞の修復もできず、新しい細胞も生まれにくくなっているのかも知れません。

 

一番望ましい方法は
まずは、体の中から健康な素肌を生み出すこと。
スキンケアは、本来、生み出された健康な素肌を守るためのものなのです。
一般的に、この順番は反対になってしまうゆえ、いつまでたっても化粧水が浸透しないお肌・・・
というわけです。

 

健康な素肌は、毎日口にするものから生み出されます。
禁偏食!
足りないビタミン類はサプリメントでとるのがおすすめです。
肌細胞を生み出すアミノ酸やビタミン・ミネラル。
肌を修復したり、新しい細胞を生み出したりを支えてくれる、EGF・IGFなどの成長因子(グロースファクター)。

 

プラセンタサプリメントには
健康に生きていく上で必要な栄養素と、艶肌を支えてくれる栄養素が詰まっているんです。
40代50代のベースサプリメントとして、摂りいれると違ってくると思いますヨ。

 

●⇒おすすめのプラセンタはこちらです

 

 

上記のように、化粧水が浸透しない時の対処法はいくつかありますが
体の中から変えていくことを一番に考えるのがいいかと思いますヨ